掃除を怠るとエアコンの冷房効果が下がる理由5選

エアコンは夏場の暑さをしのぐために欠かせない存在ですが、掃除を怠るとその冷房効果が下がってしまいます。

インドアな人やエアコンの掃除が苦手な人でも、効率的にエアコンを掃除する方法を紹介します。

あなたのエアコンを清潔に保ち、快適な涼しさを手に入れましょう。

掃除を怠るとエアコンの冷房効果が下がる理由

エアコンは空気中のホコリや汚れを吸い込み、

冷房や暖房を行う際にフィルターやコイルを通して清潔な空気を送り出します。

しかし、日々の使用や長期間の放置によってフィルターやコイルが汚れてしまうと、

エアコンの冷房効果は低下してしまいます。

まず、フィルターが汚れると空気の流れが悪くなります。

これによりエアコンから出てくる風量が減り、冷房される空気の量も減ってしまいます。

また、フィルターに付着したホコリやカビがエアコン内部に蓄積されると、

エアコン内部の熱交換効率が低下し、冷房効果が損なわれます。

さらに、コイルの汚れも冷房効果に影響を与えます。

コイルは冷房や暖房の際に空気を冷やすまたは暖める役割を果たしていますが、

汚れが溜まると熱交換効率が悪化し、冷房効果が低下してしまいます。

効率的なエアコンの掃除方法

エアコンの冷房効果を最大限に引き出すためには、定期的な掃除が必要です。

以下に、効率的なエアコンの掃除方法を紹介します。

1. フィルターの掃除

フィルターはエアコンの冷房効果に大きく関わる重要なパーツです。

定期的にフィルターを取り外し、水洗いまたは掃除機でホコリや汚れを取り除きましょう。

特に花粉シーズンなどは頻繁に掃除することをおすすめします。

2. コイルの清掃

コイルとは室内に供給する空気を冷却・加熱する熱交換器の通称 です。

ここに汚れが溜まると冷房効果が低下します。

専用のコイルクリーナーを使ってコイルの表面を清掃しましょう。

また、ブラシや掃除機でコイルの周辺のホコリや汚れも取り除きます。

3. ドレンパンの清掃

ドレンパンの役割は、冷房運転時にエアコン内部で発生する結露水が外に漏れていかないように受け止め、

ドレンホースに流して屋外に排出することです。

エアコンの冷房や除湿時に水が発生し、その水がドレンパンにたまります。

定期的にドレンパンを取り外し、洗剤を使って汚れを落としましょう。

ドレンパン内部の汚れがカビの発生原因になることもあるため、しっかりと清掃することが重要です。

4. 外部の掃除

エアコンの外部も定期的に掃除することで冷房効果を向上させることができます。

ブラシや布でエアコンの表面を拭き、ホコリや汚れを取り除きましょう。

5.業者にお願いする

エアコンクリーニングが自分でできない場合、エアコン業者にクリーニングを依頼するのが一番の解決策です。

エアコン外部の掃除はともかく、フィルターやコイル、ドレンパンの掃除は難しいかと思います

そこの清掃が不十分だと、カビや臭いの原因にもなります。

また、体の不自由な老人はエアコンクリーニングを自主的にするのは難しいです。

そこで、プロの業者に依頼することで、専門的な知識と技術を持つ人たちが丁寧にクリーニングしてくれます。

彼らは専用の洗浄剤や機器を使い、効果的にエアコンを清掃することができます。

自分で行う場合に比べて、より効果的で長期間のメンテナンス効果が期待できます。

また、業者に依頼することで、エアコンの故障や不具合の早期発見も可能です。

彼らは経験豊富なプロフェッショナルであり、問題があればすぐに対処することができます。

エアコンクリーニングは定期的に行うべきメンテナンスの一環です。

自分でできない場合は、ぜひ業者に頼んでみてください。

【まとめ】

エアコンの冷房効果を最大限に引き出すためには、定期的な掃除が欠かせません。

フィルターやコイル、ドレンパンなどを清潔に保つことで、

エアコンの熱交換効率が向上し、快適な涼しさを実感することができます。

インドアな人やエアコンの掃除が苦手な人でも、上記の掃除方法を実践してみてください。

清潔なエアコンで快適な夏を過ごしましょう。

コメント